WEB IT コンサル プロデュース

クラウドファンディング挑戦への道

2017.11.17

クラウドファンディング挑戦への道 はコメントを受け付けていません

第31回八尾ものづくりカレッジ

今日は会社として、参加させていただいている有志の会の情報収集として「第31回 八尾ものづくりカレッジ」に参加してきました。

私がクラウドファンディングを知ったのはもう何年も前です。当時、和製はほとんどなくあったとしてもまだまだ先駆的で決定額も10万~100万程度でした。アメリカ発のものは数百万~数千万クラスがゴロゴロある。当時そこにIT企業のはしくれとして挑戦しようとしていました。

金額も高額で夢もあったのですが、英語でページをつくることが条件にありました。なぜなら投資するほとんどの人が外国人だからです。映像やその他も含め当時で考えるとトータル100万程度の予算は必要だったと思います。2~3社と打ち合わせしましたがハードルが高く当時はネタもなかったので断念しておりました。

有志の会に参加させていだいて、クラウドファンディングができるかもという話から再度勉強しようと思い参加させていただきました。前回は和製クラウドファンディングのマクアケ(サイバーエージェント)のセミナーを聞きにいっており、日本でもいよいよ数千万、億単位の資金調達が可能になってきているようでした。時代が変わったな~と。

今回の講師は株式会社NFL 代表取締役川辺友之氏。
紹介には大阪市中央区谷町に唯一現存する「紳士服縫製工場」を経営する3代目とありました。驚いたのは川辺氏には別の顔があったことです。それはFAAVO大阪というクラウドファンディングのプラットフォームを運営する代表をされていたことです。その仕掛けも10年以上前からおこなっており、2014年に開業されたようです。やはり仕掛けは10年以上かかるんだな~と実感しました。

前半はご自身のスーツのネット販売のお話しをしていただき、自分とかぶることも多かったので聞いていて面白かったです。ネット販売の売り方の話とかSNSの使い方なども拝聴しましたがまったく嘘のない話でした。(笑)こういう書き方は批判が起こるかもしれませんがこういった関係のセミナーはいろいろ聞きにいきますが、かならず嘘が存在します。「そんなわけないやん」という話をいれてきます。囃し立てます。またうまいこと言ううんですね。経験したことがない人はそこを信じて夢を見るので、言葉は悪いですが被害者が増える。それがITという言葉のマジックです。

川辺氏の話にはそれが全くない。それどころか現在クラウドファンディングをしている方の時間までとってその方も来てプレゼンをする。こんなクラウドファンディング聞いたことがなかったです(笑)日本にもとうとうやってきました。FAAVOの手数料は他社と比べて高いです。でもおそらくペイできるサービスが充実しているはずです。

懇親会で速攻名刺交換させていただきました。私個人としてはあまりそういった動きはしないほうなのですが直観です(笑)フェイスブックを申請しようとしたら川辺氏にはすでに4999人の友達が・・・(汗)そらそうですよね~。でもここでひるんだら機会はない。ひるまず進む・・・。

今回もさまざまな方と名刺交換させていただき、充実した時間を過ごすことができました。最近八尾以外の方とも交流する機会をいただきますが八尾が積極的にこういった活動やセミナーに驚く方、いいな~とか言っていただく方が多いです。

その仕掛け人、津田参事、後藤係長、松尾さんや八尾市役所の方たちの努力に感謝いたします。

関連記事

コメントは利用できません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031