WEB IT コンサル プロデュース

【 踊る阿呆にみる阿呆。同じ阿呆なら踊らな損々 】

2017.09.19

【 踊る阿呆にみる阿呆。同じ阿呆なら踊らな損々 】 はコメントを受け付けていません。

八尾 地域クラウド交流会

ちいくらin八尾 参加レポート

河内音頭でギネス達成した八尾で阿波踊りを持ち出してくる阿呆です。
しかし今回の地域クラウド交流会 八尾 略して「ちいくらin八尾」の表現にピッタリの表現なのでつかいました。

製造業中心の街八尾。6年前に起業した時融資担当者に「ITはわからない」と融資を断られた。今では笑い話。

あれから6年。ITを利用したSNSだけで150名以上の参加表明。そして当日台風が接近したにも関わらず124名の参加。

周りからは肯定的な意見はもちろんのこと否定派の意見、なんやねんあれ?とか、いこかな、どうしょうかな?、結局あれでしょ?みたいな声もなきにしろあらず。

蓋を開くまで何人くるかわからない。そんな中開催されました。
事前に少しトラブルがあり(松尾さん対応ありがとうございましたm(_ _)m)少しはやめに会場入りしたもののすでに会場は熱気ムンムン。「おぉ~すごい!」

今回プレゼンする、アトリエウフ 多葉さん、お結びころりん 小鹿さん、ハレノヒカフェ 鋳方さん、インスト 泉谷さんとは創業セミナー系で旧知。グローバルフラットの佐藤さんはお名前とご活躍はお聞きしていたので名刺交換させていただきました。

この5名がどんな戦いを展開するのが楽しくて仕方ありません。緊張している感じもありながらみなさん終始笑顔。

私は投票所の大役を拝命したのでセッティングしつつ、いろんな方のお顔が見えたのでそのたびにご挨拶。なんか嬉しいです。若い人たちばかりが集まるからおじさんは寂しいかもと思ってたのですが意外に私より年齢層が高い方が多かったのは驚きでした。熱を感じます。

14:00~クラウド勉強会 サイボウスの野水氏より講義をいただきました。おそらく年齢層も配慮されてのことでしょう、そのあたりのことも踏まえてクラウドとか横文字一杯の難しい話ではなく、わかりやすく説明していただきました。クラウドとはなにか?クラウドの可能性をたくさん感じさせてくれる勉強会でした。

そしていよいよ15時からのプレゼン。
1人3分の戦(いくさ)。でっかいスクリーンに投影して、マイクを使う。それ以外は戦い方は様々。内容はそれぞれ書くと膨大になるから割愛(笑)

5名中2名がタイムオーバーの厳しい戦い。
結果はお結びころりんの小鹿さんが優勝。小鹿さんのビジネスの内容もさることながら感動すらおぼえるプレゼン。全国大会優勝の力を見せました。
みなさんのプレゼンを拝見してまた勉強させていただきました。

投票所では、クラウドを利用して、リアルタイムに集計していきます。その際投票にこられた方と名刺交換しながら、お話ししながら作業していくのが面白いです。
なぜ今回投票所の役を拝命したのかわかったのですが、「3分程度の説明でシステムを理解して、話しながら入力できる人」だからです(笑)今回投票所は5名いたので同じような環境の方と出会えたことは大きいです。

今回トータル20数名の方と名刺交換させていただき、速攻名前検索して、フェイスブック友達申請させていただいたので友達もたくさん増えました(笑)
フェイスブック申請なにもなしでさせていただいたにも関わらず、申請受理していただき誠にありがとうございました。
全員と名刺交換させていただきたかったな~。

最後、伝説になるでしょうね。今回オーガナイザーを務めた近畿大阪銀行の山口さんが、終わりの挨拶で言葉を詰まらせて涙ぐまれました。

おっさんはつられて泣きそうになりましたのでぐっと我慢して空をみあげました。
昇格おめでとうございます。山口さんのおかげで第2回の開催が決定しました。

仕掛け人であるサイボウズの永岡プロデューサーが「「ちいくらin八尾」はこれで終わりではありません。今日出会った方、意気投合された方とこれから八尾の街に繰り出して、八尾(地域)にお金を落としましょう!」 素晴らしい!

その日八尾の街は、いつもとは違った意味で盛り上がりました。懇親会の写真もいろいろアップされていますが初見が大半なのにみなさんめっちゃ笑顔です。
刺激を受けまくりました。八尾のちいくらには「甲賀のくのいち」が忍び込んでおりまして。忍術をかけられた私は12/9のちいくらin甲賀に出席することになりました。「くノ一」なのに地域(甲賀)のためにグイグイ前にでる熱い方(笑)八尾は見たので他地域も見たい欲求にかられました(笑)他地域の方も「八尾は熱い。面白い街」と認識いただいたようです。酔っ払いました。

<総括として>

今回のちいくらは大阪初ということもあっていろんなプレッシャーがあったと思います。その中で「八尾」が先陣を切る意味がとてもとても大きかったです。

今からさかのぼること3年前。八尾で創業セミナーやあきんど塾など八尾で創業をする根をだしたのが八尾市産業政策課。それを支援してくださった金融機関が近畿大阪銀行さん。八尾は3年をかけて関西でも有数な創業に対する姿勢が前向きな街になりました。その姿勢が生んだ今回の5名のプレゼンターの方々。

近畿経済産業局さんやサイボウズ株式会社さんが地方でしかけていた「ちいくら」。
いよいよ大阪に!というときに八尾市から経済産業局に出向していて八尾に戻ってきていた松尾さんが仕掛けたのでは?。さまざまなご縁と奇跡と偶然が重なってつながった大阪初のちいくらin八尾。そのあたりの想いがつまった山口さんの涙。

今回の試みが成功した、失敗したではなく、「ちいくら」ってなんやねん。って思いつつも実はここにいたるまで3年という準備期間があってのこと。意味は分からんけどなんや踊ってはるわと思うなら
「踊る阿呆にみる阿呆。同じ阿呆なら踊らな損々」ってなわけでございます。

次回は時期はまだ未定ながら必ず開催される第2回ちいくらin八尾。
今回は124名が踊りました。今回見てた方は次回は踊ってみませんか?おそらく300人以上になるのでは?(笑)

※写真は方々からパクり、いえ活用させていただきます(笑)

感謝

[su_row]
[su_column size=”1/2″] 八尾 地域クラウド交流会[/su_column]
[su_column size=”1/2″]八尾 地域クラウド交流会[/su_column]
[/su_row]

[su_row]
[su_column size=”1/3″]八尾 地域クラウド交流会[/su_column]
[su_column size=”1/3″] 八尾 地域クラウド交流会[/su_column]
[su_column size=”1/3″]八尾 地域クラウド交流会 [/su_column]
[/su_row]

関連記事

コメントは利用できません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年6月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930