WEB IT コンサル プロデュース

東京下町の町工場が15年で取引先を120倍にできた理由

2016.11.11

東京下町の町工場が15年で取引先を120倍にできた理由 はコメントを受け付けていません

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1603/08/news019.html

なんて興味をそそるタイトルでしょう。
共通の話題でもありますのでフェイスブックは八尾ファクトリーとも連動掲載いたします。

舞台は東京と墨田区。墨田区といえば八尾市としては参考にしたい都市として着目していたモデル都市なんですが最近スカイツリーができてしまったもので舵取りが「観光」にシフトしている模様の都市です。そのためかどうかはわかりませんが町工場の減少に歯止めが止まらないそうです。
今まで推進していたことがシフトが変われば・・・原因は遠からずあるとは思います。

そんな注目していた墨田区からのニュースでしたので取り上げました。
さまざまなことに挑戦されていますが私が注目したのは職人体験プログラムとベンチャー支援です。

職人体験プログラムは「アウトオブキッザニア」といい、1人5000円払います。
キッザニアという名前のとおり「子供対象」です。子供対象なのに高いですよね。

でもここにきた親子の父親は大手メーカーに勤めている人もいて、そこから仕事が生まれるケースがある。そうです。
凄いですよね。この発想力。もともとそれを狙ったわけではないでしょうけど子供は夢を持ち将来の職人候補に。父はそこの技術に驚いて仕事になる。
よくできた仕組みだなと思いました。

ベンチャー支援はとってもうらやましいです。今私たちもモノづくりしたいので近くにあったらと思います。
。ものづくり実験工場があり、3Dプリンターやレーザーカッターなどがあるそうです。

この2つ八尾でもできるんではないでしょうか。パクるではなく(^^;)参考にさせていただきたいネタですよね。
このタイトルにもありますが「15年で取引先を120倍」です。すでに15年前2001年には危機感を持って走り出していたということです。

危機感をもっていろんなことに取り組みたいと考える今日この頃であります。

関連記事

コメントは利用できません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031